水虫

水虫の治療


あなたに合う、水虫の治療とは・・・


【塗り薬】
真菌に対して効果のある殺菌剤を塗り薬として使います。
一見症状が収まっても、しばらく塗り続けて根絶するのが完治のポイントです。


【内服薬】
塗り薬の効きにくい爪の水虫には飲み薬として服用して内側から効くタイプの物が有効です。


【熱による治療】
白癬菌は非常に熱に弱いので、熱い砂の上を歩いたり、溶かした蝋を塗るなどの
方法がありますが、ヤケドの危険があるためあまりオススメはできません。


【私が治療した方法】
http://nailfoot.seesaa.net/article/123113813.html



水虫

水虫の種類



あなたの水虫はどれですか?


【趾間型水虫】
もっともポピュラーな、足の指の間にできる水虫です。
皮がむけたり赤く腫れたりしてたいてい激しい痒みがあります。

【小水疱型】
足の裏や側面に細かい水ぶくれや、薄皮のめくれが集まるようにできます。

【角質増殖型】
足裏の角質の硬い部分がボロボロと剥がれたり割れたりします。
あまりかゆみや水ぶくれができず、単なる乾燥肌と勘違いされやすいタイプです。

【爪白癬】
爪は皮膚の変化したものなので、同様に水虫になります。
爪が白く濁り、もろくなったり凹凸ができるのが特徴です。


⇒ 爪水虫がたった3週間で治る魔法液


水虫

水虫になる原因



水虫になる原因に理解することから始めよう


【足の湿度】
高温多湿は白癬菌の増殖に適しているので、ムレた靴のほか、
梅雨から夏にかけては水虫が発生しやすい環境といえます。

【年齢性別関係なし】
かつては通気性の悪い革靴を履くサラリーマンの病気という認識がありましたが、
水虫になるのに年齢や性別の要素は特に関係ありません。

【長時間の接触】
白癬菌が角質に定着するには、ある程度の時間がかかります。
そのため、白癬菌のいる垢や靴下と長時間触れていることで水虫になりやすい状態になります。


⇒ 爪水虫がたった3週間で治る魔法液

<<.. 3 4 5 6 7.. >>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。