爪水虫

爪水虫と症状が似た病気は?

湿疹・皮膚炎群が多く、汗疱(カンポウ)、掌蹠膿症(ショウセキノウホウショウ)、疥癬(カイセン)など、さまざまなものがあげられます。

水虫だと思って皮膚科を受診した患者さんのうち、「水虫である」と診断されたのは3分の2で、3分の1の患者さんは水虫以外の病気だったとのデータもあります。

水虫と自己判断して市販の水虫の薬で治そうとすると、症状が悪化することもあります。

一度、皮膚科を受診し、正しい診断を受けて見てください。

爪水虫でなかったら、速攻、他の治療をしないといけませんからね

水虫

水虫のサイクル

爪水虫になった場合、たいていは足など他の部位にも水虫があると考えられます。

しかも、いったん水虫になってしまった爪は白癬菌の隠れ家となってしまいます。

塗り薬などで治ったと思った足水虫が何度も繰り返し発症するのは、爪から白癬菌が供給され続けているからなのです。

爪水虫を退治しない限り、この水虫サイクルから抜け出すことはできません。

爪水虫

爪水虫の治療にはなにがいいのかな?

爪水虫治療には、何を使ってますか?

ドラッグストアーに売っている薬を使っている方が多いのではないでしょうか?

爪水虫暦1年の私が全てと言っていいほどの薬を使いましたが
全然なおりませんでした。

まるっきりと言っていいほど変化が見られませんでした。

治ると思って高い薬を買わされ大出費です。

何故、治らないか調べたところ、塗り薬は、爪の置くまで浸透しないためだそうです。

一番有効なのは、皮膚科に行って薬をもらって飲むことだそうです。

それでも6〜10ヶ月薬を飲み続けないとなおりません。

お金と時間がかかりますね。

今は7月ですが、女性はサンダルを履く機会が多くなりますが、爪水虫のため履けませんね。

そこで、今年の夏にサンダルで出来かけられるように、次回のブログで3週間で爪水虫を治すことが出来た方法をお教えてします。

お楽しみに。


<<.. 2 3 4 5 6 >>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。